家族全員が快適に過ごせる注文住宅なら星野工務店

住宅建築のコストダウンに対する意識を高めよう希望とコストのバランスをとる。これが注文住宅における最大の難関といってもよいでしょう。希望を実現しようと思えば、それだけコストがかかる。かといって予算は限られている。妥協とは違うレベルで希望と現実をすり合わせていく必要があるわけです。そのため、コストダウンへの意識は注文住宅に欠かせないものとなります。


コストダウンというとどうしても妥協する、つまり希望する間取りや設備を断念することで費用を抑えると考えてしまいがちです。もちろん、大幅に予算オーバーになってしまう場合などはこれが最終的な選択肢となるでしょう。しかし、せっかくの注文住宅。できるだけ希望に近い形で間取りや設備を実現したいものです。そのためにもコストダウンできるポイント、どういった方法や工夫でコストダウンができるのか、基本的な知識を知り、つねに意識に入れた上で計画を練っていく必要がでてきます。

たとえば基本的なところでは使用する建材が少なければ少ないほど材料費が安く済みます。ただそのために特殊な工法が必要になる場合は工事費用が余計に高くなるので注意が必要です。


それから材料をできるだけ既存のものにする。無垢材など特別に調達が必要なものではなく、簡単に調達でき、大量生産が可能なものにすることで同じ間取り、設備でもかなりのコストダウンが可能です。注意したいのは省エネ仕様とのバランス。新生活をはじめた後の光熱費の節約分と、注文住宅を建てる際に必要となるコストを天秤にかけ、総合的な視野で判断する必要があります。中途半端な省エネ仕様はあまり効果がないため、思い切って導入するか、省エネに関してはあきらめるのか、そういった選択も必要になってくるかもしれません。